動物の絵シリーズ


こちらのサイトの更新が、前回はもう3ヶ月ほど前ということで、全く手入れされずに放って置かれていました。今は、インスタグラムとFB、YOUUTBE、ツイッターなどの外部サービスで発信した方が良いというか、見てくれる人が多いという点ではそういうフォーマットは良くて、このように自分でお金を払ってドメイン名と、サーバーを借りてブログをやる意味は薄れてきているかも知れません。しかも、何かがあって年間費が払えなくなればこのデータは消去されてしまいますから、そういう点でも弱いと言えます。

それでもなぜ続けているかというと、年間で6千円くらいなので、せっかく構築したのだから維持して、良いことがこれからあるかも。笑
と勝手に思っていることくらいでしょうか。

そんな中、絵の方は今年に入って水彩の習作を描きました。それは人の絵のトーンの練習で、黒とか茶色だけで描くのですが、車が走っている夕日の町の通りの風景を6枚くらい描きました。その後に龍の絵を描いて、北斎さんの龍の絵を2枚模写しました。そしてその後に、あの有名な波の絵を模写しました。

そもそも、模写なんてもうたぶん高校生以来くらいしたことがなかったので、久しぶりにやりました。そしてたぶん誰かが描いた絵を模写するというのは、それで最後だと思います。

その延長にあるのかどうか、今回の動物の絵シリーズが始まりました。そもそも、動物の絵シリーズというのを描いていたことがあり、それは個展が2017年にあって、その翌年の2018年の前半だったと思います。その時も、今回のような感じでパステルで描いていました。今回の方がより技巧的で、画材も水彩と色鉛筆とパステルとアクリルなど、オールミックスに近いです。

その上で、模写というか描くのが今回は動物であり、自然のもので、実在のものです。それは誰かの絵を描くのとは全然感覚が違います。対象として深みがあって、信頼がおけます。人の世界に属していません。

焦らずにゆっくり、1枚1枚コンスタントに描いていくことが出来れば良いなと思います。

最近はインスタグラムで多く発信していますので、ご覧いただければと思います。

https://www.instagram.com/hiroto_aoyagi/

よろしくお願い致します。

コメント