小説挿絵 Novel illustration

小説挿絵 Novel illustration

クリスタル・ボール

目を閉じて、ほんの少し目を開けて、真上のクリスタルを見ていた。
小説挿絵 Novel illustration

白い球

スロープは白い球体の前まで来ると、そのままガラスのデッキの床面のようになっていて、球体に接続している。
小説挿絵 Novel illustration

球体の中の球体

非現実的で、内壁は継ぎ目がなく、くすんだ銀色をして、ぼんやりを光っていた。
小説挿絵 Novel illustration

小説「送信完了」のイラスト

球体の表面は光沢のない金色で、継ぎ目はなくスムースだった。
小説挿絵 Novel illustration

始まりの場面

シンジはそう思いながらベッドから起き上がり、キッチンへ行ってコーヒーを淹れた。