クリスタル・ボール

今回は、いよいよコアにある白い球の中に入った場面です。
絵を考えて行く中で、途中から設定が変わり、また新たにデッサンをして始めました。

This time, it’s finally the scene inside the white ball in the core.
As I was thinking about the picture, the settings changed from the middle, and I started drawing again.

これが最初のスケッチですが、初めは荒い方が良いかなと、何となくですが最近少し思っています。
This is the first sketch, but I’ve been thinking a little lately that it’s better to be rough at first.

今回の部分の本文です。

 シンジは意を決して歩き出した。近づくと、球体の表面に細長い楕円形の穴が突然開いた。中の中心に、光り輝く水晶の球があり、それは浮かんでいるように見えた。1メートルほどの大きな透明の球体が、白い球体の中に浮かんでいた。

The text of the book which is depicted in the illustration.

Shinji started walking determinedly. As he approached, an elongated oval hole suddenly opened on the surface of the sphere. In the center of the inside was a shining crystal ball, which appeared as floating in the air. A large transparent sphere of about 1 meter was floating in the white sphere.

 眠くなって来た感じがして、シンジは横になった。せっかくだからと、シンジは浮いている球体の真下に顔が来るように移動して、仰向けに寝そべった。目を閉じて、ほんの少し目を開けて、真上のクリスタルを見ていた。

Feeling sleepy, Shinji lay down. Shinji moved so that his face was directly under the floating sphere.. He closed his eyes and opened slightly, looking at the crystal directly above.

今回は第5章の場面で、本文のページはこちらになります。

This scene is on Chapter 5, the text page is here.

コメント