小説「送信完了」のイラスト

今回の絵の部分にあたる本文です。

 球体はビルの数階建てほどの大きさで、球体の下部から4本の金色の脚が出ていて、シンジの背丈の高さほど浮いて静止している。球体の表面は光沢のない金色で、継ぎ目はなくスムースだった。それはほぼピッタリと収まる地下室で鎮座していた。

 所長はシンジに先へ行くように促した。シンジが歩き出すと、球体の下部には四角い開口部が開いた。薄いステンレスのような階段を登り、シンジはその開口部へと入って行った。



このイメージは小説を書いている時からずっとありまして、この数年間というもの、絵に描かれるのを待っていたような感じで、やっと外の世界に出てきました。笑脳裏に浮かんでいる絵は素直に描いていくのが良いと思った次第です。


コメント