球体の中の球体

本文です。

 階段を登り、ついにシンジは金色の球体の中に入った。球体の殻の厚みは、それほどなかった。20センチほどだった。内部は空洞で、上の方に白く輝く球体が浮かんでいた。金色の球体の内部、その上方に、もう1つの白い球体が浮かんでいるようだった。

The text

After climbing the stairs, Shinji finally entered the golden sphere. The thickness of the shell of the sphere was not so thick. It was about 20 centimeters. The interior was hollow, with a shining white sphere floating above. Inside the golden sphere, above it, another white sphere seemed to float.

 その白い球体へ向かって、湾曲したガラスのようなスロープが左右に2つ、上に向かって伸びている。まるで映画のセットのようだった。非現実的で、内壁は継ぎ目がなく、くすんだ銀色をして、ぼんやりを光っていた。

Two curved glass-like slopes extend upward to the left and right toward the white sphere. It was like a movie set. Unrealistic, the inner walls were seamless, dull silver, and dimly shining.

 所長はそのガラスの滑り台のようなものの上に乗った。するとそれはエスカレーターのようにスムースに、無音で所長を上まで運んだ。シンジも後に続いて、スロープの上に乗ると、ベルトコンベヤーのように動いてシンジを上まで運んだ。

The director got on something like that glass slide. Then it carried the director to the top smoothly and silently like an escalator. Shinji followed, and when he got on the slope, it moves like a belt conveyor and carries Shinji up.



メイキングです。
`The makings

初めのイメージのシルエット
Silhouette of the first image

これで良いのだろうか?
Is this all right?

そこからまたあれこれといじって、こうなりました。

顔などのディティールや影を描いて完成です。Add details and completed.

シンジ Shinji

褐色の肌のスタッフ Brown skin staff

所長 Director

この絵で3枚目ですが、ここに来て所長の顔が出てきました。

コメント